ギターのかけはし対馬

3月14日に予定通り「ギターのかけはし対馬」を開催でき、無事に終了することが出来まして、参加者の皆様、主催関係者の皆様には心よりお礼申し上げます。
福岡会場となったホールのプロジェクターとネット環境の不具合で思うようにギターの音色を対馬へお届けすることが出来ない場面があったものの、対馬ギター講座(すたじおG橋口武史講師)のギターアンサンブルは福岡の会場で綺麗に聞くことが出来ましたし、この企画の本来の目的である『対馬の皆様および山下和仁氏と演奏者と製作者の交流』はなんとか達成できました。また福岡会場でこの状況の中、快く演奏やギターの提供に応じていただいた皆様、対馬から歓迎演奏くださった講座関係者やイベント開催に御尽力いただいた対馬島内のすべての関係者の皆様、本当にありがとうございました。皆様の演奏や交流の場でいただいた言葉を聞いて、コロナ禍ゆえ対馬に皆で訪問できず福岡と対馬をリモートでつなぐ結果になったことがなお一層残念でなりませんでした。リモート環境ゆえのリスクの大きさを改めて思いましたが、紫音館の方で動画レポートと皆様の感想をまとめさせていただきました。
山下和仁氏の対馬動画本邦初公開という大きなご協力にも改めてお礼申し上げます。

ギターのかけはし対馬 企画制作 紫音館

河内 健晟 様

この度は「ギターのかけはし対馬」というイベントに参加させていただきまして、有難うございました。
コロナ禍で直接対馬に行くことは叶わず残念でしたが、対馬という島は歴史と自然が凝縮された魅力ある島であることを知れたので、いつかは訪れてみたいと思いました。
また、今まで接点のなかった演奏者やギター製作者の方と交流できたことや、山下さんとお会いして演奏もお聴きすることが出来てとても充実した時間を過ごすことが出来ました。
自分にとっても再度ギターと向き合うきっかけになりました。
有難うございました。

河内 健晟 様 (福岡県)  演奏者

吉田 丈二 様

今回このイベントに呼んでいただくまでは対馬がどんなところなのか知りませんでした。古代から大陸との要衝として刻まれてきた歴史、厳しくも豊かな自然など、他と比べることのできない貴重な財産がこの島にはある。製作家としては、桐などの島産材をギターに使うことはできないかという人々の思いを知ることができ、有意義な経験になりました。配信という形は、後々世界中の人々と動画を共有可能な点で良かったのではないかと思います。コロナ禍にも負けず、機材トラブルにも負けずイベントを成功させた対馬の人々、山下監督、紫音館にあらためて感謝します。

吉田 丈二 様 (沖縄県)  製作者

ノエル・ビリングスリー様

この度は対馬架け橋プロジェクトに参加させて頂いてありがとうございました。技術的なトラブルで通信が上手くいきませんでしたが、VTRで流れた映像で対馬の美しさを改めて知ることができました。また、対馬でギターを学んでいる方々の演奏も聴けて嬉しく思います。限られた時間の中でしっかりと曲を仕上げたことは今後の自信につながることだと思います。
今回のプロジェクトの主旨である演奏家と製作者の交流でいろんなギターを試奏できた事や、製作者の方とお話を聞けたことはとても貴重な体験になりました。
最後に尊敬する世界的ギタリスト、山下和仁さんの演奏を間近に聴けたことや、その人柄に触れることができたのはかけがえのない体験でした。

ノエル・ビリングスリー 様 (沖縄県)  演奏者

大西 達朗 様

私の地元、愛知県では、アマチュアギターアンサンブルの活動が盛んです。地元で開催される、ギターアンサンブル演奏を中心に行われるギター音楽祭に、ギターの展示で参加させていただいています。
対馬でもギターアンサンブルが行われている事を、大変うれしく思います。
今回は対馬に渡る事が出来ず、対馬と福岡をリモートで結ぶという事となり、対馬ギター講座受講生のギターアンサンブルの演奏を、生音で聴く事が出来なかったのが残念でしたが、楽しさは充分に伝わってきました。
対馬の美しい大自然をPR動画の映像で見る事のみとなり、実際に体感する事が出来なかったのが残念でしたが、その美しさは充分理解出来ました。
次に縁がありましたら、是非対馬に渡り、その美しい大自然を全身で味わいたいと思います。また、対馬ギター講座受講生の皆様に、私の製作したギターを実際に手に取って見て頂きたいと思います。
このたびのイベントに参加させて頂き、大変楽しく有意義な時を過ごす事が出来ましたことを、感謝いたします。

大西 達朗 様 (愛知県) 製作者

 
 
PAGE TOP
MENU